乳液―肌に届けた潤いを、しっかりバリアする。

せっかく補った水分をのがす前に、乳液で閉じ込めましょう。
使用容量をしっかり守り、肌の皮脂膜バランスを整えましょう。

1.お風呂上がりや洗顔後につける

化粧水で保湿したら、500円玉硬貨1枚分(ティースプーン約1杯)の分量を手に取ります。

化粧水をつけたときと同様に、軽くパッティングするようにつけてください。

特に乾燥しやすい目のまわりや口のまわりは、念入りにつけるようにすると、目じり、口もとのシワの防止につながります。